【ビジネスマナーで人柄アップ! 3つのポイントを押さえよう】

新入社員

ビジネスマナーとは、仕事をする上で必要な礼儀や作法のこと。

ビジネスマナーを身につけると、自分の人間性や信頼性が高まりますし、仕事の効率や成果も上がり、職場の雰囲気や人間関係も良くなることでしょう。

ビジネスマナーは、新入社員の皆さんだけではなく、新入社員を指導する担当者の方々双方にとって重要な要素。

新入社員は、ビジネスマナーを学ぶことで、社会人としての基礎を身につけられますし、一方の担当者からすると、ビジネスマナーを教えることで、部下の成長をサポートできます。

では、どのようにしてビジネスマナーを身につけるか。

ここでは、人柄を作る3要素(身だしなみ・態度・言葉づかい)について、それぞれの意味や具体的なポイントを紹介します。

身だしなみ

身だしなみとは、自分の外見や身のこなしのこと。

身だしなみが良いと、相手に清潔感や品格を感じさせ好印象を持たれやすいでしょう。

反対に身だしなみが悪いと、相手に不潔感やだらしなさを感じさせ悪印象を与えてしまうことになりがちです。

ここで身だしなみのポイントをいくつか紹介します。

・清潔感のある服装や髪型をする
・服装や小物は目立たない色や柄を選ぶ
・服装や小物は相手や場面に合わせたものを選ぶ
・姿勢や歩き方に気をつける
・目線や表情に笑顔や親しみを込める

態度

態度とは、自分の考えや感情を表す姿勢や行動のこと。

態度が良いと相手に好印象を持たれますが、反対に悪いと相手に不快感や不信感を与えがちです。

態度のポイントをいくつか紹介すると以下の通りです。

・積極的に仕事に取り組む
・相手の立場や気持ちを考える
・感謝の気持ちを忘れない
・自分の意見や要望を適切に伝える
・チームワークや協調性を大切にする

言葉づかい

言葉づかいとは、自分の考えや感情を表す言葉の選び方や話し方のこと。

言葉づかいが良いと、相手に敬意や親しみを感じてもらいやすくなります。

反対に言葉づかいが悪いと、相手から失礼に思われたり、不快感を与えたりしてしまうでしょう。

気をつけたい言葉づかいのポイントを、いくつか紹介すると以下の通りです。

・敬語や丁寧語を正しく使う
・相手の名前や肩書きを間違えず尊重する
・復唱
聞き返しや確認をする
・相手の話に興味を持ち、相槌やフィードバックをする
・分かりやすく、簡潔に、明確に話す

以上が、人柄を作る3要素(身だしなみ・態度・言葉づかい)についての紹介でした。

ビジネスマナーは、自分の人間性や信頼性を高めるために重要な要素です。

新入社員と新入社員を指導する担当者の双方にとって、ビジネスマナーを身につけることは、仕事の効率や成果を上げることにもつながりますし、仕事に対する自信ややりがいを高めてくれるメリットも期待できます。

ビジネスマナーを身につけるための効果的な方法の一つが、研修を受けることです。

研修を受けると、ビジネスマナーの基礎や応用を学ぶことができます。

株式会社日本マネジメント協会東部では、ビジネスマナーの研修を提供しています。

研修に関する詳細な情報は、株式会社日本マネジメント協会東部のホームページをご覧ください。

ビジネスマナーで人柄アップ! 3つのポイントを押さえよう。

この記事が、ビジネスマナーに興味を持たれるきっかけになれば幸いです。

今回もお読みいただきありがとうございます。

研修情報提供元 : 
JMI(株)日本マネジメント協会東部©
https://www.jmi-e.co.jp

タイトルとURLをコピーしました