【JMIコンサルティング流!新入社員が5月病から脱出するための10分間セルフチェック】

新入社員

新入社員の皆さん、お疲れ様です。

入社して1ヶ月が経ちましたが、仕事や人間関係に慣れてきましたか?

もしかしたら、5月病になってしまったと感じる方もいるかもしれません。

5月病とは、新生活に適応できずに起こる心身の不調のことで、気分が落ち込んだり、やる気が出なかったりする状態です。

5月病は放っておくと重くなってしまうこともあるので、早めに対策を取ることが大切です。

そこで今回は、JMIコンサルティング流の、5月病から脱出するための10分間セルフチェックをご紹介します。

このセルフチェックは、自分の心理状態や生活習慣を見直すことで、5月病の原因や改善策を見つけることができます。

さっそく始めてみましょう。

朝起きられますか?

朝起きられないというのは、5月病の兆候の一つです。

朝起きられない理由は人それぞれですが、仕事への不安やストレスが原因の場合もあります。

朝起きられない場合は、

  • 前日に早めに就寝する
  • 目覚まし時計を遠くに置く
  • 明るい光を浴びる

などの工夫をしてみましょう。

食欲はありますか?

食欲が減退したり増加したりすることも、5月病のサインです。

食欲が変化する理由は、

  • ストレスや不安から食事量が減ったり増えたりする
  • 生活リズムの乱れから食事時間が不規則になる

などが考えられます。

食欲が変化した場合は、

  • 栄養バランスの良い食事を摂る
  • 適度な運動をする
  • 水分補給を忘れない

などを心掛けましょう。

睡眠時間は十分ですか?

睡眠不足や過剰睡眠も、5月病の原因や結果になり得ます。

睡眠時間が不足したり過剰だったりする理由は、

  • ストレスや不安から寝付けない、寝すぎる
  • 生活リズムや体内時計が乱れて睡眠サイクルが崩れる

などが挙げられます。

睡眠時間が不足したり過剰だったりする場合は、

  • 一日の活動量や光の量に合わせて睡眠時間を調整する
  • 寝る前にリラックスできる習慣を作る
  • 睡眠の質を高めるために寝室の環境を整える

などを試してみましょう。

趣味や楽しみはありますか?

仕事ばかりで自分の時間がないと感じることも、5月病の原因になります。

仕事以外にも趣味や楽しみがあると、気分転換やストレス発散になりますし、自己肯定感や充実感も高まります。

趣味や楽しみがない場合は、

  • 新しいことに挑戦してみる
  • 仲間や友人と交流する
  • 自分へのご褒美を用意する

などで自分の時間を作ってみましょう。

誰かに相談できますか?

5月病になってしまった時、一人で抱え込んでしまうと悪化してしまうこともあります。

誰かに相談することで、気持ちが楽になったり、解決策が見つかったりすることもあります。

相談できる人がいない場合は、

  • 上司や先輩に相談する
  • 同期や友人に話す
  • 専門家やカウンセラーに相談する

などで助けを求めてみましょう。

まとめ

以上がJMIコンサルティング流の、5月病から脱出するための10分間セルフチェックです。

このセルフチェックでは、自分の心理状態や生活習慣を見直すことで、5月病の原因や改善策を見つけることができます。

もしこれらの項目で「当てはまる」と思った方は、早めに対策を取ってくださいね。

5月病は放っておくと重くなってしまうこともあるので、早めに対策を取ることが大切です。

このブログの研修情報提供元である、JMI(株)日本マネジメント協会東部では、新入社員向けのビジネスマナーやコミュニケーションスキルなどのプログラムを提供しています。

新入社員が、企業内外で活躍するために必要なスキルや知識を身につけられるようサポートします。

詳しくは以下からお問い合わせください。

今回もお読みいただきありがとうございます。

研修情報提供元 : 
JMI(株)日本マネジメント協会東部©
https://www.jmi-e.co.jp

タイトルとURLをコピーしました